挑人伝説 ファイナル・・・

 【鉄の匠から創られるアートの世界】



綺麗にエージング加工された金属板金




金属で作られたあやめの花。
緑青がきれいに出ています。


宮村氏は建築板金の基礎技術を活かして

造形物、看板など幅広く製作しています。

銅・アルミニウム・ステンレス
真鍮(しんちゅう)・鉄板などの金属板に
様々な技術を複合させた作品となっており、
薄く平らな金属の板からさまざまなものを創りだします。

板金特有の技術でもある
「ハゼ」※1・「緑青(ろくしょう)」※2で処理することにより
美しい外観を実現しました。

金属に精通しているからこそ出来る技があります。

エージング※3の技術はドラマや
博物館の昔のセットの再現にも生かされています。
従来はペンキなどで錆びているように見せたりしていました。
しかし、『エージング』は実際に金属を錆びさせるので、
錆び具合から素材までよりリアルに製作することができます。
例えば“昭和20年代の煙突で5年間くらい使っているもの
”といったようなものでも、再現可能です。
また看板では頼まれたものだけを作るのではなく、
お店の雰囲気や周りの環境なども踏まえて
ご提案から製作、施工まで一貫して行っております。

このような板金の技術を
活かした独創的な屋根、看板、オブジェは
知る人ぞ知る『逸品』となっています。

それひとつでとてつもない存在感を
発揮する板金アートです!

※1 ハゼ・・・板金加工において板を
         接続する際に用いる折り曲げ部分の事

※2 緑青(ろくしょう)・・・銅または銅合金から出る緑色の錆

※3 エージング・・・素材の持つ性質を利用して
             人工的に老化させ、古めかせる事

 
宮村氏の活躍の模様はhttp://tetsuken.exblog.jp/にて・・・。

*宮村さん 有難う御座いました<m(__)m>    M下。

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL